離婚したら?財産分与の比率は?不動産や家具は?離婚後の請求

離婚したら財産分与しなければならない?


離婚をすることになってしまった場合、一番トラブルが多いと言われていることが金銭に関わる問題なんです。
何事もなく上手くまとまればいいのですが、内容も複雑で配分するのにも時間が掛かってしまうこともあります。
そこで、離婚をしたら財産分与はしなくてはいけないものなのか?という疑問についてまとめてみました。

はじめに、財産分与とは何かというと、婚姻期間内に夫婦一緒に得た財産を離婚する時に配分するという事を財産分与と言います。
そこで、対象となるものは、夫婦が一緒に築いてきた不動産・現金や預貯金・有価証券・投資信託・退職金・年金・保険・借金などがあります。
夫婦共有名義の共有財産はもちろんですが、一方の名義となっていても、実際に夫婦で共有しているものに対しても財産分与となります。
ここで財産分与で注意しておいて欲しい事が、婚姻生活中にできた借金や住宅ローンも財産分与になりますので、返済に関しても分配しなくてはいけなくなります。

また、他人からの贈与や親の相続などの財産は固定資産となるため、財産分与にはなりません。
奥深く内容を確認してみると、様々な内容が決められているので全てをまとめるには結構複雑になりそうですよね。
しっかり理解をしておいた方が、後からの夫婦間トラブルから逃れることもできるのではないでしょうか。

離婚をする時に、財産分与ということはとても重要でしっかりまとめておかなくてはいけないことになります。
財産分与の配分結果によって、これからの人生に大きく関わってくることにもなります。
中途半端の内容で話を進めていくと、納得のいく結果にまとまらずいつまで経っても配分されずに、そのままになってしまうこともあるようです。
離婚をすると決めた以上、サッパリと配分に関しても話合いを終わらせてスッキリ解決したいですよね。
いつまでもモヤモヤのままにしておかずに、少しでも財産分与のことについて知っておくだけでも、話の進み方は変わってくると思いますので、参考にして下さい