離婚したら?財産分与の比率は?不動産や家具は?離婚後の請求

その他の借金がある場合の財産分与はどうなる?


離婚時に借金を持っていた場合は、どのように財産分与されるのでしょうか?
例えば、生活に必要となる食料品や日用品の購入費、医療費や教育費など共同生活をするにあたり、必ず使ったお金に関しては、夫婦の共同債務として判断されます。
マイナス財産として判断されることになるので、プラス財産から借金を差し引いたものが財産分与としての対象となります。

しかし、方側が共同生活には全く関係のない賭け事やパチンコなどで借金を作った場合は、借金をした本人のみの責任なので、もう片方には関係はありません。
もし、保証人のような立場になっているような時は、保証人のままになってしまいます。
他にも、勝手にサラ金から借金をして遊びに使っていたりした場合も同じように借り入れた本人個人のことなので、一切関わる必要はありません。

実際に借金に関係する問題には、本当に様々なパターンがあり、その内容によって判断のケースも変わってくると思います。
自分が作ってしまった借金であったら、今後も自分ひとりで支払いを続けることになりますが、共有生活時にできた借金はそれぞれ配分して払うことになるんですね。
少しでも借金に関しての財産分与を知っておくだけで、協議はスムーズに流れてくれると思います。
話し合いをする場を作り、お互いに納得のいくように話し合いをして決めていって下さい。
その場から逃げ出したり、否定しても実際に残っている借金とわかっているので、絶対に逃れることはできません。

このように離婚という場が突然来て、自分には借金があるんだけどどうなるんだろう?と思う方もいらっしゃると思います。
どうしていいのか自分だけの力では解決できそうにないと感じた時には、専門事務所などに相談されてもいいと思います。
多少の費用も掛かりますが、これも今後のトラブルを防ぐ為だと考えて、アドバイスしてもらって下さい。
分からないままにはしておかずに、納得のいくように話を進めて行きましょう。