離婚したら?財産分与の比率は?不動産や家具は?離婚後の請求

不動産や家具などの財産分与はどうする?


財産分与をする時に、一番問題が起こりやすいのが不動産関係の財産分与だそうです。
その理由の1つとして、ローンが残っている場合の不動産なんですね。
このような場合には、不動産の時価から分与時のローンを引いた金額が財産分与として配分されます。
不動産を売却してからその額を分け合うといった形が、スムーズに話も進み問題なく済ますことができますよね。
ですが、売却してから分けると税金も掛かってきますし、ローンが残っているような場合は返済に対しての処理も大変になってきます。

そこで最近では、不動産そのものを分けるという事はしないで、不動産をお金にした時の金額を前もって見積もって、不動産を受け取る側の方が相手にお金を払うというようにして
終了というケースが多いそうです。
その時の価値差算定方法は、固定資産税なども関わってくるようです。
もしも、曖昧な状態のままにしておきたくないという方は、不動産鑑定士へ依頼してもいいと思いますが、多少の費用が掛かるので頭に入れておいてください。

次に、家具や家財道具などはどのように配分されるのでしょうか?
これも婚姻期間中に夫婦で購入したものや使用していたものとなると、財産分与の対象となります。
しかし、家具などは正確に時価評価できない事が多いので、話し合いの結果「ソファーは夫、タンスは妻」といったように物のまま配分するという形にすることがいいと思います。

ここで問題となる注意点ですが、独身時代から使用していた家具などは、特有財産となり夫婦になる前の話しなので、財産分与の対象にはならないということを覚えておいてください。
不動産や家具などのように時価評価をする事が難しい財産の配分を考えると、ハッキリとした評価を出さないと、どうしても後からトラブルが起こりやすくなってしまうそうです。
そうならないためにも、話し合いをしっかりして結論を出して、両者共に納得のできる配分にしてもらいたいものです。