離婚したら?財産分与の比率は?不動産や家具は?離婚後の請求

住宅ローンが残っている家の財産分与はどうなる?


財産分与の対象となるものの1つに、家があります。
婚姻期間中に住宅ローンを組んで自分の家を購入したという方も大勢いらっしゃると思います。
では、離婚をするとなった時、財産分与の対象となる家に住宅ローンが残っていた場合、どのように配分されるのでしょうか?
住宅に関して処理を行う協議が、一番トラブルを起こしやすい様なので、ここでしっかり覚えておいてください。

どうして住宅に関しての問題が多いのかというと、夫婦で所有名義を持っていたり、夫婦で債務を負っているというパターンが多数あるからなんです。
この住宅ローンに関する問題は、本当に様々なケースがあり複雑な問題となります。

ここで、住宅ローンが残っている家の財産分与はどのようになるのでしょうか?
住宅の今の価値と住宅ローンの残高には大きなポイントとなる点が2つあります。
まずは、住宅ローンの価値です。
今の段階でこの家を売却した時にどれくらいの金額になるのかということが重要となります。

もう一つは、この家にはあとどれくらいのローンが残っているのかということです。
ローン残高を知っておくことによって、家を売却してもローンの方が多く残ってしまうといった状態も考えられるということです。
これを「オーバーローン」と言います。

そこで、例として今の段階で2000万円で売却できるとしても、2500万円のローンが残ってしまったという場合、財産分与ではこの家に経済価値が無いものとして判断されます。
家が売却できたとしても、そのお金が全てローン代として持っていかれてしまうことになるので、自分たちの財産にはなっていないことになります。
そして、残り500万円のローンが残ることになりますが、このローン残高の返済については財産分与の問題にはなりません。

まとめると、ローンとなる借金は、各自でそのまま負担するという結果になります。
離婚するわけだから、ローン返済を半分にして欲しいなどは一切通用しません。
前もって売却値やローン残高などを調べておくのもいいと思います。
離婚時に、こんなにローンがあったとは知らなかった…というだけでは話は通りません。
最終的には払わなくてはいけなくなる場合もあるので、内容をしっかり理解しておいて下さい。