離婚したら?財産分与の比率は?不動産や家具は?離婚後の請求

内縁関係でも財産分与の権利がある?


内縁関係というのは、婚姻届を提出していないけど、共同生活をしているといった関係のことを言います。
事実婚と呼ばれていることもありますが、法律的に決められている婚姻関係ではなく、お互いが夫婦としての認識を持っていて、事実夫婦として共同生活をしていることです。

では、この内縁関係として生活を共にしてきた人と、内縁関係を解消という状態になった場合、財産分与は貰える権利をあるのでしょうか?
内縁関係の解消は、法律的な手続き等は一切必要ありません。
お互いの合意のみで判断し、内縁関係を解消することができます。
内縁関係にある夫婦であっても、事実婚で共同生活をしてきた中で築き上げてきた財産は、財産分与として請求する事ができるんです。
方法や割合なども全て法律婚と変わらない内容で話を進めていくことができます。

また、法律婚と同じ様に家庭裁判所などへの調停や審判を申立てすることもできます。
話し合いをしていても、うまくまとまらないといった時には、裁判という方法も考えられます。

しかし、内縁関係であって片方の人が亡くなってしまった場合、財産分与の請求をすることはできません。
内縁関係では、相続権がないため財産分与は認められない状態になっています。
これは全て内縁関係のみの話しなので、法律婚は内容が変わってくるという事を覚えておいて下さい。

内縁関係であったとしても、共同生活をしてきたことには変わりありません。
お互いの意志で一緒になっていたわけですから、財産分与の請求もできます。
ただ、お金の絡む問題でもあり、内縁関係ということを理由に曖昧な答えのまま終わりにしてしまうという方もいるかもしれません。
このように中途半端のままにしておくと、後からのトラブルが起きた場合とても面倒なことになり兼ねませんので、注意して判断して下さい。
このようにならないためにも、自分に少しでも知識を持っておくことで話しはスムーズに進み、結果をだせると思います。